自分を売り込む

名刺には自己PRがあると良い

名刺は、その人のセンスが問われるものだと思います。 もちろん、会社で支給されているものでしたら、デザインなどは決まっていると思うので自分の好きなようにはできないと思いますが、可能であれば自分の趣味やアピールポイントなどを記載する方が相手の印象にも残ると思います。 名刺をきちんと管理している人は、よくその人の特徴などを貰った名刺の裏などに書き込むと聞いたことがあります。 なので、書き込めない素材の名刺よりも、なるべく書き込みがしやすいものの方がいいと思います。 そして、できれば書き込まなくていいように先ほども述べたように、自分の特徴や自己PRを事前に印刷しておくといいと思います。 そこから会話も生まれていくと思います。

会話を続かせるためにも

名刺に工夫をすればするほど、初対面の人との会話も生まれてくると思います。 人見知りの人や、初めての人とはどんな会話をすればいいのかわからないという人は、特に名刺きっかけで会話をするのがベストです。 そのためにも、事前に会話が生まれていくような名刺を作成しておくことが大切です。 自己PR等を記載していなかったとしても、デザインがインパクトのあるものでしたらそこからまた会話が生まれますし、デザインにこだわるのもひとつの手だと思います。 とにかく名刺を、会話を続かせるひとつのツールとして利用するのは非常にいいことです。 なので、会社の名刺であっても自分でデザイン等が変更できるのであれば変更する方がいいと思います。